skip to main | skip to sidebar

20190523

6月2日(日)15時より緊急追悼・抗議集会@ちゃたんニライセンター



お手伝いOKな方、13時30分に会場にお願いします!
フライヤーのPDFファイルはここからDLしてご利用下さい
【2019年5月24日ファイルを訂正更新しました】

20190425

Our Statement of Demand on April 16, 2019

 This is the English translation of our Statement of Demand appealed on the press conference in Okinawa on April 16, 2019. You can find the original Japanese text here in this blog post.  Our spirit, our voice for solidarity beyond the fence line is possible only in translation, that's why I would like to show many thanks to Mayumo san for this cooperation.



April 16, 2019

From:
Okinawa Women Act Against Military Violence and women’s networks and groups in Okinawa

To:
Mr. Donald Trump,  President of the United States of America
Mr. Bill Hagerty,  Ambassador of the U.S. Embassy in Japan
Lieutenant General Eric Smith, Commander of the III Marine Expeditionary Force and Okinawa Area Coordinator (OAC)
Mr. Abe Shinzo, Prime Minister of Japan
Mr. Suga Yoshihide, Chief Cabinet Secretary of Japan
Mr. Tamaki Yasuhiro, Governor of Okinawa Prefecture

Statement of Demand for Withdrawal of U.S. Military, Clarification of Responsibility to Protect Human Lives, Full Investigation of Facts, and Protection and Care for the Victim’s Child as We Mourn the Woman who was Murdered by a U.S. Navy Sailor in Okinawa

We are terribly shocked as well as saddened by the recent murder of a woman committed by a U.S. Navy sailor that took place in civilian space in the early morning of April 13th, 2019.  Although the details of the incident remain unknown since the perpetrating American soldier committed suicide, the incident took place outside U.S. military base.  The woman who was murdered had been asking for help from U.S. military police since this January, and the local police had also been informed about this.  It is apparent therefore that the woman was in fear that she could be killed.  She had also been subjected to the perpetrator’s sexual violence even while she was refusing to continue her relationship with him.  The fact that the victim’s child reported this murder incident makes the case even more grave.  It is necessary that those who have relations to the victim be given proper support and care as well as protection of privacy.

On April 2, Lieutenant General Eric Smith, commander of the III Marine Expeditionary Force and Okinawa Area Coordinator (OAC), loosened the restriction imposed upon off-duty U.S. soldiers to visit areas outside U.S. military bases on the basis that it would allow “soldiers to know Okinawa’s charm and to enjoy the island.”  By that date, however, the victim had already let the U.S. military police know her concerns.  The loosening of the restriction occurred in the midst of it.  After the murder incident, Commander Smith apologized to Okinawa Governor Denny Tamaki and admitted that the commander himself was fully responsible. We demand that Commander Smith announce how he plans to go beyond his merely verbal apology and take full responsibility substantially.

The fact that this incident took place as soon as the restriction was loosened indicates how the regulation itself is not functioning properly.  This so-called Liberty Policy only brings one-sided “liberty” since it only allows U.S. military personnel to come in and out of Okinawa’s civilian space freely while it does not allow people in Okinawa to enter the bases.  Why did U.S. military loosen the restriction?  Why does its plan that allows soldiers “to know Okinawa’s charm and to enjoy the island” take priority over lives of people who live in Okinawa?

In addition, this April marks the third anniversary of the incident in which another woman was killed by a former Marine.  The incident this time makes it clear that the “patrol” that the Japanese government has been offering since the previous incident has become a mere formality.

Above all, we mourn the precious life that has been taken away.  The fear and suffering that the woman was in is beyond one’s imagination.  This could happen to any one of us who lives in Okinawa.  The woman who was killed can no longer voice her protest.  We raise our voice as people who share her pain and suffering.

As incidents occur repeatedly, those of us who live in Okinawa, where the long-term presence of military and military bases has been imposed upon us, have repeatedly felt torn by remarks and attitudes that humiliate victims.  We strongly demand that the dignity of those who have experienced suffering be respected in the first place.

We have been arguing that “the military is an organization of structural violence, and, as such, does not guarantee human security either in time of peace or in time of war.”  Military and military bases are deeply destructive of human body and psyche.  Military violence is damaging to both people inside the fence and people outside it.  Now is the time for us to show our anger together and raise our voice in solidarity.

We demand the following from both U.S. and Japanese governments, U.S. military, and Okinawa Prefecture so that they face the reality that is brought by the presence of military and its bases and so that they take responsible actions.

1.  We demand that those who are close to the victim, including children, receive apology, protection, and care.

2.  We demand that the truth be fully investigated and that the analysis of the reasons for perpetrating the crime be fully disclosed to people in Okinawa.
3. We demand that the restriction on U.S. soldiers’ off-duty activity outside the bases not be loosened.

4. We demand that Japanese government and Okinawa Prefecture clarify their responsibility for protecting those who live in Okinawa.

5.  We demand that all military presence and military bases be withdrawn from Okinawa so that people who live in Okinawa will achieve a truly safe society. 

(English translation by Inoue Mayumo)

20190417

4月16日要求書を作成しました

 米兵による女性殺害事件の報道をみて、やり場のないような苦しさを抱えていたのですが、生きている者が可能なこと、即座に声を上げるという切実なアクションを「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」が呼びかけてくれ、「合意してないプロジェクト」も参加しました。

 全文をここに掲載します。
【4月25日追記】英語訳版をこちらにアップしました。
  [English translation is here]


アメリカ合衆国大統領 ドナルド・トランプ 殿
駐日米国大使 ウイリアム・F・ハガティ 殿
在沖米軍四軍調整官 エリック・スミス 殿
内閣総理大臣 安倍晋三 殿
内閣官房長官 菅義偉 殿
沖縄県知事 玉城康裕 殿

米海軍兵士による女性殺害事件の被害者を追悼し、子どもへの保護とケアを求め、真相究明、人身保護責任の明確化、米軍の撤収を求める要求書

 4月13日未明に北谷町の民間地で発生した米海軍兵士による女性殺害事件に、悲しみとともに大きな衝撃を受けています。加害者米兵も自殺していることから、事件の詳細は不明ですが、事件は基地の外で起こりました。女性が1月から米憲兵隊に助けを求め、沖縄の警察にも、その事実が周知されていたことは、女性が殺される恐怖の中にあったことを明らかにしています。殺された女性は、加害者との関係を拒否する過程でも、性的暴力を受けていました。事件を通報したのが被害者の子どもであるということも深刻です。その心情を思うと、被害者の関係者には十分な支援とケア、そしてプライバシーの保護が求められます。
 去る4月2日、スミス四軍調整官は、これまでに実施した米兵の基地外行動への規制を、「隊員らにより沖縄の魅力を知り、楽しんでもらうためだ」として緩和しています。しかし、被害者の女性はこのときすでに、被害を米憲兵に訴え出ていました。そのような中で緩和が行われたということです。今回の事件を受けて、司令官は玉城知事に対し謝罪を行い、「すべて私の責任です」と発言したのですから、どのようにその責任を取るつもりなのか、単なる言葉ではなく具体的に示すように求めます。
駐留兵士への基地外行動の規制が緩和された矢先に、この新たな事件が起こったことは、制度そのものが機能していないことを示しています。「リバティ制度」といいますが、自由に出入りするのは米軍関係者の側だけで、沖縄の人々には許されない片務的な「自由」です。なぜ緩和するのでしょうか。なぜ、「隊員らにより沖縄の魅力を知り、楽しんでもらうため」が、沖縄の人々の命の安全より優先されるのでしょうか。
 また、この4月は、2016年に殺害された女性の丁度3年忌に当たりますが、あの事件後に日本政府が実施している「パトロール」も、形骸化した対策であることは明らかです。
 私たちは何よりもまず、奪われた尊い命を悼みます。彼女がどれほどの恐怖と苦しみのなかにあったか。これは沖縄に暮らす私たちすべてに起こり得ることです。亡くなった女性はもう抗議ができません。彼女の痛み苦しみを共にする者として、私たちは声を上げます。
 私たちは、基地・軍隊の長期駐留が押し付けられている沖縄で、幾度となく繰り返される事件のたびに、被害者を貶める発言や態度にも、幾度となく引き裂かれてきました。第一に、被害に遭った人の尊厳が守られるよう、強く求めたいと思います。
 私たちは、「軍隊は構造的暴力組織であり、平時と戦時とを問わず、人間の安全を保障しない」と訴え続けてきました。基地・軍隊は、人間の心と身体を深刻なまでに破壊しており、その暴力はフェンスの内と外とを問いません。私たちは、今こそ共に怒り、抗議の声を上げる時です。

 私たちは、日米両政府、米軍、沖縄県に対して、基地・軍隊の駐留がもたらすこのような現実を直視し、責任ある行動を執るよう、以下のことを強く要求します。


一、被害者を取り巻く人々と子どもたちへの謝罪と保護、ケアが行われること。
一、真実が究明され、加害の原因分析が完全に沖縄の人々に知らされること。
一、米軍の基地外行動の規制を緩和しないこと。
一、沖縄に暮らす人々の人身の保護について、日本政府と沖縄県の責任のあり方を明確にすること。
一、沖縄に暮らす人々の真に安全な社会を実現するため、沖縄から全ての基地・軍隊を撤収すること。

2019年4月16日

基地・軍隊を許さない行動する女たちの会、沖縄県女性団体連絡協議会、SOHeart(ワンストップ支援センターの設立を強く望む会)、強姦救援センター・沖縄(REICO)、特定非営利活動法人おきなわCAPセンター、ジェンダー問題を考える会、I女性会議、新日本婦人の会、沖縄県母親大会連絡会、沖教組、高教組、那覇ブロッコリー、合意してないプロジェクト、わんから市民の会、沖縄九条連、沖縄YWCA

(4月16日記者会見時点での賛同団体名です)

 わたしたちのこの追悼と要求書はPDF版を以下からDL出来ます。


20171112

11月、奥にGO! そして辺野古・高江カー情報

宜野湾の「わんから市民の会」の皆さんが奥を訪ねて、いのちを守ろうと呼びかけたそうです。
集落の皆さんは熱い気持ちでこれに応えて下さったと聞いています。

チョイさんも以下のように呼びかけています。

辺野古、高江、さらに座り込みの現場が増えて、ふうーって溜息と一緒にやる気の気抜けになりそう。と思っていたら、なんのなんの、みんな、この向かい風にも足腰踏ん張っています。

 ぜひ、気持ちを縒り合わせて、一緒にいかがでしょう。お誘い合わせて辺野古へ奥へ。

遅くなりましたが、11月の辺野古・高江カー情報です。

沖縄平和市民連絡会、那覇島ぐるみ会議、オール沖縄那覇の会によるバス送迎
※平和市民連絡会は現在週5本のバスを出しています。カンパ情報は末尾に!
※11月3日(金)、11月23日(木)は公休日につきお休みです。
※プリントに便利なPDFはこちらからどうぞ。

■辺野古行き
集合場所はいずれも県民広場(県庁前)
平和市民連絡会のバスは、那覇インター前のバス停で乗車可能です。

<月火水木土>午前8時30分集合、9時出発(戻り17時〜17時30分)
 予約不要・申し込み順

<水・土曜日>午前6時30分出発(戻り17時30分)
 要予約:城間(080-1782-6598)、長嶺(090-2712-6486)まで

■曜日別にまとめると、以下の通り。
【月曜日】平和市民連絡会の中型バス
8:30 受付 県民広場
9:00 出発 県民広場 高速那覇インター乗車可
16:00 第2辺野古バス停発
17:30 県民広場予定

【火曜日】オール沖縄那覇の会の大型バス
8:30 受付 県民広場
9:00 出発
15:30 第2辺野古バス停発
17:00 県民広場予定

【水曜日6時半】平和市民連絡会の大型バス
6:30 出発 県民広場 高速那覇インター乗車可
16:00 第2辺野古バス停発
17:30 県民広場予定
※事前予約が必要、城間(080-1782-6598)、長嶺(090-2712-6486)まで電話ください。

【水曜日】島ぐるみ会議の大型バス
8:30 受付 県民広場
9:00 出発
16:00 第2辺野古バス停発
17:30 県民広場予定

【木曜日】平和市民連絡会の中型バス
8:30 受付 県民広場
9:00 出発 県民広場 高速那覇インター乗車可
16:00 第2辺野古バス停発
17:30 県民広場予定

【金曜日】平和市民連絡会の中型バス
8:30 受付 県民広場
9:00 出発 県民広場 高速那覇インター乗車可
16:00 第2辺野古バス停発
17:30 県民広場予定

【土曜日6時半】平和市民連絡会の大型バス
6:30 出発 県民広場 高速那覇インター乗車可
16:00 第2辺野古バス停発
17:30 県民広場予定
※事前予約が必要、城間(080-1782-6598)、長嶺(090-2712-6486)まで電話ください。

【土曜日】島ぐるみ会議の大型バス
8:30 受付 県民広場
9:00 出発
16:00 第2辺野古バス停発
17:30 県民広場予定


■平和市民連絡会 カンパ宛先
口座番号:01710-5-88511
加入者名:平和市民連絡会
通信欄に辺野古・高江行きカンパと記入してください。



20171019

11月4日公開フォーラム「なぜ私たちは辺野古ゲート前にコンクリート・ブロックを置いたのか」

 辺野古・高江抗議者に対する国の弾圧裁判、まもなく審理を終えて判決に向かうそうです。

 ブロックを積み上げたのは私たちだ!ブロックは私たちだ!と叫びたくなりましたよ。うぃー・あー・だ・ぶろっかーず。

 そんなブロックぴーぽーな合意してないプロジェクトも絶賛協力!公開研究フォーラムのご案内です。

末尾には、フォーラムをちょっと先取りして、当日の会場で配布予定の資料もあります。参考記事も上げました。ご活用下さい。

  • 参加者への質問(フォーラム当日の会場でも配布・回収します)
  • 資料 山城博治・稲葉博法廷証言記録:ゲート前から築き上げる人権と平和、辺野古から日本・国連へ」(採録・編集 森宣雄)
  • フォーラムの告知用フライヤー
  • 参考記事




沖縄平和運動裁判を考える
~なぜ私たちは辺野古ゲート前に コンクリート・ブロックを置いたのか~
日時 11月4日(土) 午後5時半開場/6時~9時 
場所 琉球大学 法文学部 新棟 215 教室 
資料代 200 円
主催 戦後沖縄刑法史研究会(事務局:琉球大学法文学部 321 室 ☎098-895-8219)
協力 project disagree、沖縄平和運動センター、山城博治さんたちの完全無罪を勝ち取る会、(このほかにも、協力交渉中の団体・組織があります。)


 辺野古新基地建設が強行されています。長年にわたる県民世論の反対、県による工事差し止め訴訟の提起、米軍機の墜落事故などに取り巻かれている中、社会にとって極めて深刻な事態です。
 そんな中、辺野古ゲート前にコンクリート・ブロックを積み上げた行為により昨年末に2名の者が起訴された事件の裁判がまもなく審理を終える見通しとなりました。この裁判では、平和のための表現行為 と新基地建設のどちらに正義があるかが問われます。その判決(来年3月頃予定)は今後の沖縄の平和運動、そして日本国憲法の平和主義にも影響するでしょう。
 そこで、この裁判について理解を深めるため、弁護人提出の意見書「表現行為に対する刑事法の適用とその合憲性」を執筆した高作正博・関西大学教授(憲法学)の報告を中心に、多分野の学問的な観点からのコメントを寄せあいたいと思います。また、ブロック積み上げに関係した市民の体験や考えに学びつつ、ゲート前にコンクリート・ブロックを置いた行為の意味や価値を、法と社会、さまざまな学問の立場から、会場全体で考えたいと思います。
――幅ひろいみなさまのご参集をお待ちしております!

プログラム (仮)
第I部 報告
1 趣旨説明・刑事裁判で何が争われているか
2 平和憲法と表現の自由論(意見書について)
3 山城博治・稲葉博さんの「第 13回公判供述」紹介
 森川恭剛 高作正博 森 宣雄

第II部 コメント
1 多分野の学際的な角度から 阿部小涼 親川裕子 星野英一ほか
2 ブロック積み上げについての体験と思い 会場「質問票」から
3 オブザーバー・ゲストから 三宅俊司 稲葉博 山城博治

総括討論 まとめ
新崎盛暉 高作正博


●ご質問(フォーラム当日の会場でも配布・回収予定です)
▽ 2016年1月22~30日の間に辺野古ゲート前で「平和壁」づくり(コンクリート・ブロックを 送ったり、運んだり、置いたりしたこと)に関わったご経験があれば 、ご自身の体験とそこでの思い・考えを教えてください。

▽ お差し支え ない範囲でご記入ください。
 当時の年齢(○○歳代でも可)・お住まい 市町村

▽ご質問の趣旨・用途: この質問票は、研究フォーラムの会場で、コンクリート・ブロックを置く行為の意味を考えるためのものです。ただし、その他の利用方法や廃棄または保管の方法等について、会場で話し合いたいと考えています。この点についてもお考えがありました らご記入ください。

宛先:研究フォーラム会場でも回収します。
事前にメール送信の場合は以下まで。
okinawakeihousi(あっと)gmail.com
(あっと)を@に書き換えて送信して下さい。


●資料 山城博治・稲葉博法廷証言記録:ゲート前から築き上げる人権と平和、辺野古から日本・国連へ」(採録・編集 森宣雄)。
フォーラム当日の配布予定資料です。DLしてご活用下さい。


●フォーラム告知用フライヤー
DLしてご活用下さい。



●参考記事
以下の連載記事で、この裁判経過と批判点を押さえることが出来ます。
森川恭剛「高江ヘリパッド刑事裁判」(タイムスxクロスコラム連載)『沖縄タイムス』2017年10月15日。
 (上)「書類取り上げは犯罪か 警察力借りた強行を問う」
 (中)「法を超える権力の暴力 差別被害、受けたのは沖縄」
 (下)「被告席に立つべきは国 差別の道具になった法」

20171012

高江でヘリ爆発炎上、北部訓練場と返還地、訓練の実態、これまでの事件事故

高江で米軍海兵隊のCH53が爆発炎上した。緊急着陸後の炎上のようで、twitterに上がっていた動画では炎上後に爆発していた状況も記録されていた。
琉球新報号外(事件地点の地図あり)

 合意してないプロジェクトは、声を大にして、訴える。
 第一に、事態の詳細が明らかになるまで、普天間飛行場の全ての航空機の飛行を停止せよ。あらゆる議員、政党は、「安全な飛行の要請」などという生ぬるさではなく、即時飛行停止を要求しなければならない。
 第二に、IUCNは、世界遺産候補地の現実を直視せよ。今週、IUCNが世界遺産登録のための現地視察を予定している。この米軍の苛烈な訓練の真横に世界自然遺産の候補地があるという茶番について、高江に気持ちを寄せる皆さんは、twitterのタグや英語による申し入れなど、自分の場所から可能なあらゆる創意工夫で、これをIUCNに伝えて欲しい。沖縄環境正義プロジェクトが素早く英文で今日の事件を知らせている。参考にして欲しい。
 第三に、そして根源的なこととして、北部訓練場は即時閉鎖し、全ての米軍は沖縄から撤退せよ。

 沖縄の皆さん。10月15日日曜日には、東村で、学習会も開催される。参加して現状を知って、つながって欲しい。

 さて、報道によれば場所は東村高江の車(くるま)集落にある牧草地という。これから詳細が明らかになると思う。明日からの会見や報道や議会答弁などを、見抜くための知識として、ここでは急いで、以下のことを確認しておきたい。

(1)北部訓練場における海兵隊航空機訓練の飛び方
(2)北部訓練場の返還部分のうち、南側の東村の返還地
(3)昨年12月に名護市安部に墜落したオスプレイの検証報告で出て来たルート
(4)北部訓練場に関連するこれまでの事件事故


(1)北部訓練場における海兵隊航空機訓練の飛び方

オスプレイの沖縄配備を前提に米軍が実施した環境影響評価が、2012年に公表された(現在でも沖縄防衛局Webサイト内にある。リンクは貼らないから検索して下さい)。いわゆる「環境レビュー」との名称で多く報道されたものだ。この報告書に添付されたAppendix C、騒音に関する調査報告書のなかに、北部訓練場における標準的な飛行域と経路の図が示されていた (p.50 Figure 5-2 Modeled Routes and Flight Areas for the NTA)。 
 上の画像はその東村部分を拡大したものだ。LZ17は、N4と呼ばれ高江集落に最も近接した新設のオスプレイパッドと同じ位置。2012-13年に大騒乱のうちに大米建設(下地幹郎氏の家族の会社)によって強硬工事され(例えば2013年2月の高江の現状blogを参照)、2015年2月に安倍内閣が、交換条件である訓練場の返還も何もしないうちから米軍への先行提供を閣議決定で行った、あのN4だ。地図の右上部にあるオレンジの線で囲まれた丸い部分は閉鎖された海水揚水発電所の八角形の貯水池だから、現場を知っている人なら、おおよその位置関係が判ると思う。
 地図中のオレンジの線は返還前の訓練場の境界線、ブルーの線はTERF(地形飛行)訓練のルート、グリーンの線で囲まれた部分が「主要移動飛行域」(Primary Transit Flight Area)だと、判例に示されている。
 そう。あたかも当然のごとくに高江の集落上が「主要飛行域」として書き込まれていることが判る。さらに、今日、CH53が墜落した現場も、このような訓練域からはみ出して飛行するのが常態化していた場所であることが判るだろう。

GoogleMapから該当する部分を切り抜いたのが上の画像だ。これを重ねるように見てみる。高江の共同店を南下した県道70号線沿いに拡がるのは高江の畑や牧場、つまり重要な生活圏だ。「集落の上は飛ばないでくれ」という切実な要望を黙殺し放擲してきた日本政府と防衛省は、今日、このような人々の生存の根拠地が、爆発炎上の現場となったことを、どのように弁明することが出来るというのか。厳しく検証されなければならない。

(2)北部訓練場の返還部分のうち、南側の東村の返還地
 左図は、沖縄環境正義プロジェクトが作成した、北部訓練場の返還と世界遺産、国立公園などの関連を示したマップだ。上の図を手がかりにしながら、2016年12月に返還された南側部分に注目してみる。グレー地に斜め線の入った箇所が返還地域、このうち南側の東海岸よりにあるのが、今回のヘリ爆発炎上地に極めて近いことに気付く。県道70号線沿いの西側が返還された訓練場跡地、東海岸側はもともと民間地で畑作地が拡がるが、上の図と重ね合わせて見れば、訓練の標準的な飛行域だと米軍が勝手に見なしていた場所とも重なることが判る。
 また、合意してないプロジェクトでも、重大な問題だとして繰り返し発信してきたTERF(地形飛行)訓練ルートの南側部分に極めて近接した場所でもある。
 北部訓練場返還に絡む環境調査の詳細が全く明らかにされないために、このTERFルートは、返還後どのように修正されたのかも知らされておらず、極めて問題があると考えてきた。そんななかで起こったのが今日の事件だった。

 北部訓練場の返還に関する詳細を、防衛局は公開していない。非常に粗雑な地図が「北部訓練場の過半の返還の概要」というタイトルのスライドでWebサイトに上がっているだけだ(気になる人は検索してみて下さい)。その地図の該当部分を拡大したのが左の図。粗々だが、ここからも今回の事件現場がどの辺りか、返還地との関係を推測することは可能だ。
 車と聞いて即座に思い浮かべたのは、このTERFルート、そして返還地との関係だった。すなわち、明日から追求すべき問題として、(A)TERF訓練に絡む事故だったのか、(B)土地の返還が無意味だったのではないか、という2点が浮上するだろう。「集落の上は飛ばないで下さい」という要請の繰り返しで済ませてはならない責任追及の、突破口のひとつになるだろうと思う。

(3)昨年12月に名護市安部に墜落したオスプレイの検証報告で出て来たルート
 併せて、昨年12月、北部東海岸の名護市安部に墜落したオスプレイの調査報告に関する報道で明らかになった訓練ルートのことも想起しておきたい。
 このルートを見たとき、沖縄島北部東海岸ならば、あのときオスプレイはどこにでも墜落した可能性があったと思った。また、最近、この北部東海岸では、殆ど海岸線上と言ってよい空域でヘリやオスプレイの低空飛行が頻繁に目撃されている。手つかずの自然が残るビーチが多いので、この夏に付近一帯の海で過ごした人の多くが、目撃しただろう。
 つい昨日のことだが、「高江の現状」blogが、国頭村安田の海岸で10月5日に目撃した体験を報告していたことも併せて想起しておきたい。

 今日の事故は、どのような訓練ルートで、どのような訓練内容のなかで起こったことなのか、有権者の付託を受けた議員は、このような予備知識をもとにして、詳細を明らかにさせなければならない。そして、「安全に飛行するよう要請」ではなく、明らかになるまでは普天間飛行場の全ての機種について一切の飛行を停止させなければならない。

(4)北部訓練場に関連するこれまでの事件事故
最後に、少なくとも、資料から明らかになっている北部訓練場をめぐる事件事故についてまとめたのが以下のPDFファイル。ぜひとも多くの皆さんに参照・活用して欲しい。今日の事故をこの表に追加更新しなければならないのかと思うと胸が苦しく怒りでどうにかなりそうだ。





20170923

10月1日沖縄平和学会@琉大あります

沖縄平和学会、今年の研究集会が以下の通り開催されます。会員の方は終了後に総会もあります。お誘い合わせてどうぞ。

日 時:2017年10月1日 (日)午後1時-5時
場 所:琉球大学千原キャンパス 文系総合研究棟3階 302-304教室
住 所:〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1番地
研究集会プログラム
第一部 「沖縄の平和教育 沖縄戦後史を学ぶ」
報告1:「沖縄戦後史教材の意味」(島袋純)
討論

第二部 仮題「米軍施政権下の生統治と社会=運動」
コーディネーター 阿部小涼
報告1 「B52撤去運動から島ぐるみ運動を再考する」(秋山道宏)
報告2 「『非琉球人』管理制度と強制送還」(土井智義)
報告3 「北部訓練場の成立と森林管理政策の分析」(森啓輔)
討論

9月30日10時AOCHR定例会>抗議の権利は世界標準で!という話

沖縄国際人権法研究会から9月の定例会のお知らせが届いた。
私たちの抗議する権利について世界標準を学ぼうというウッテツケの機会だと思う。
手っ取り早く予習・復習の入口としては『琉球新報』2017年6月22日社説を読んでみるもよし。外で語られている標準を知れば、沖縄の私たちのなかにすでに胞胚されている直接行動のガイドラインが、きっとコトバとカタチを得るのではないかしら。


20170829

お盆、そして9月の辺野古・高江カー情報

旧盆期間は前後の一日を併せ、作業は休み。よってゲート前行動も休みとの連絡が辺野古から届きました。

那覇発辺野古行きバスも以下はお盆休みです。
9/2(土)、9/4(月)、9/5(火)、9/6(水)

夏の夜空にグレイトフルデッド雲。なんだか嬉しくなってしばらく眺めていたので、写真を撮ったときには、もう、少し違うかたちになっていました。「踊ってるんじゃないよ、前に進んでいるんだよ」ということなのでしょう。

さて。お待たせしました。平和な市民のカー情報です。
【9月の辺野古・高江カー情報】

沖縄平和市民連絡会は、高江・辺野古への支援行動を行うために「那覇島ぐるみ会議」や「オール沖縄那覇の会」と協力して「月曜日から土曜日」まで大型・中型の貸切バスを出すことになりました。乗用車による送迎はありません。また旧盆中9/2~9/6は運行しません。

【高江】毎週木曜日のみ県庁前7時発があります。
希望者は、運転手と乗り場と時間を具体的に決めてます。
城間(080-1782-6598)、長嶺(090-2712-6486)まで電話ください。

【辺野古】(行きたい曜日を確認して下さい)
■ 月曜日:平和市民連絡会の中型バス
行:県民広場 8時半受付⇒9時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停16時発~高速経由県民広場17時半到着予定。
申し込み順に乗車します。那覇インターでの乗車可能。

■ 火曜日:オール沖縄那覇の会の大型バス。
行:県民広場 8時半受付⇒9時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停15時半発~高速経由県民広場17時到着予定。
申し込み順に乗車します。

■ 水曜日:6時発 平和市民連絡会の大型バス。
行:県民広場 6時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停16時発~高速経由県民広場17時半到着予定。
**事前予約が必要です。
乗希望者は、城間(080-1782-6598)、長嶺(090-2712-6486)まで電話ください。(水曜日は、6時発と9時発の2台あります。)

■ 水曜日:9時発 島ぐるみ会議の大型バス。
行:県民広場 8時半受付⇒9時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停16時発~高速経由県民広場17時半到着予定。
申し込み順に乗車します。

■ 木曜日:平和市民連絡会の中型バス。
行:県民広場 8時半受付⇒9時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停16時発~高速経由県民広場17時半到着予定。
申し込み順に乗車します。那覇インターでの乗車可能。

■ 金曜日:平和市民連絡会の中型バス。
行:県民広場 8時半受付⇒9時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停16時発~高速経由県民広場17時半到着予定。
申し込み順に乗車します。那覇インターでの乗車可能。

■ 土曜日:6時発 平和市民連絡会の中型バス。
行:県民広場 6時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停16時発~高速経由県民広場17時半到着予定。
**事前予約が必要です。
同乗希望者は、城間(080-1782-6598)、長嶺(090-2712-6486)まで電話ください。(6時発と9時発の2台あります。)

■ 土曜日:9時発 島ぐるみ会議の大型バス。
行:県民広場 8時半受付⇒9時発~高速経由辺野古座り込み現場へ。
帰:第2辺野古バス停16時発~高速経由県民広場17時半到着予定。
申し込み順に乗車します。


【カンパを募っています】平和市民連絡会では、この行動の定期化のため、カンパを募っています。
ゆうちょ銀行
口座番号 01710-5-88511
加入者名 平和市民連絡会
通信欄に「辺野古・高江行きカンパ」と記入してください。

Web振り込み利用のばあいは
ゆうちょ銀行
店名 一七九店 (イチナナキュウ店)
口座番号 0088511

Okinawa EJP海を渡る、の巻

ヤンバルクイナ氏が食い入るように見つめているのは『琉球新報』2017年8月24日第2面。高江で製作した横断幕が、太平洋を越えて米国の生物多様性センターに届いたというニュースだ。「ノグチさんにもお知らせしなくては。みんな忘れていないし、つながっている。ジュゴン氏の裁判も再び息を吹き返した」とクイナ氏は語る。
 クイナ氏がノグチゲラ氏の名前を挙げながら指摘したのは、遡ること14年以上前のひとつの声明文のことである。米国の自然保護活動の拠点であるこの生物多様性センターは、すでに2003年には「ノグチゲラを保護せよ」との声明を発した組織だ。

「希少なオキナワ・ウッドペッカーが唯一の住処とするのは、沖縄島の北部ジャングル、日本におけるエコロジーや文化を象徴する場所のひとつだ。ウッドペッカーはつがい数が少なく絶滅の瀬戸際にあるが、これは森の住処の破壊が続いていることが主たる原因なのだ。本種を危機に晒している火急の脅威のひとつは、日米合同の軍事訓練基地のためにウッドペッカーの暮らす最良の森を伐採するという計画だ
 当センターは、絶滅危惧種法による保護の拡大を通じて、絶滅の危機にあるこの鳥のために闘っている。本種は、四半世紀以上にわたり、米国魚類・野生生物局が定める候補リストに留まったままだ。当センターは、この鳥のため実際の行動を起こすよう局に求める2件の訴訟を行っている。また、新たなヘリコプター着陸帯と道路を敷設するため森の伐採を要求する米軍の提案は、オキナワ・ウッドペッカーの主要な棲息域を脅かすものであり、我々は地球上で唯一無二の、生態系的に重要なやんばるの森を守ろうと行動している。」http://www.biologicaldiversity.org/species/birds/Okinawa_woodpecker/(生物多様性センターWebより。翻訳と強調はGPによる)

 「オキナワ・ウッドペッカー」とは、ノグチゲラのこと。米国の絶滅危惧種法(Endangered Species Act)で指定される種に加えるべく検討が続いている「待機リスト」20種のなかのひとつが、このノグチゲラなのだ。
 生物多様性センターだけではない。世界遺産の認定審査に関与する国際自然保護連合(IUCN)は、2000年以来、繰り返しジュゴン、ノグチゲラ、ヤンバルクイナの保護を日米に勧告してきた。IUCNのレッドデータで、ノグチゲラは「深刻な絶滅危惧にある」という分類だ。その脅威の原因として、米海兵隊の新たな着陸帯建設が指摘されている。

 2016年、依然としてノグチゲラは候補リストに上がったまま、というのが米連邦議会の報告(官報)に出ていた。日本政府は、無計画な森の破壊のために数十億という税金を注ぎ込むいっぽうで、「世界遺産」の名に恥じぬよう、米国の種の保存法にもノグチゲラが登録されるための取り組み、調査と啓発と保護のための効果的な予算を投じることはなかった。
 そのような日本政府に、大切な森の保護を委ねることなどできない。「米軍は世界遺産登録の邪魔をするな!」の横断幕は米国に渡って、米国市民から直接、米軍と米国議会に訴えるよう、呼びかける役割の一端を担った。
 生物多様性センター声明の言う四半世紀とは、米国魚類・野生生物局が絶滅危惧種法への追加指定を検討せよとの意見書を受けた1980年からの年月を指していた。それからさらに14年。米軍のために森が切り裂かれ、オスプレイの配備で脅威は現実となった。ニンゲンの家族には転居を余儀なくされるものも出て来た。ノグチゲラ氏、ヤンバルクイナ氏の声はついに届けられるか。「正念場はこれからも続く。だが希望も続いている」。クイナ氏はそうtweetした。





20170812

合意してない沖縄環境正義プロジェクト@高江やりました

8月6日、高江のN1ゲートで「合意してない×沖縄環境正義プロジェクト」やりました。

北部訓練場の全面返還を求めず中途半端に残し、その残った森を積極的に日本政府が破壊し、世界中で人々の暮らしを破壊する米軍が訓練をしている。それを見ないふりしてフタをして切り刻んだ森の「世界遺産」目指せだなんて、ヘンだ。「知ってることが誰にも言えないことばかりじゃ、空がまた暗くなる」とキヨシも言ってた。「オトナだろ、勇気を出せよ」。

ということで、自然保護を審査するIUCNに知らせるためには、英語の横断幕でアピールだろ、という企画。

まずベースになる文字を書いた布を予め準備。アパートの部屋で横断幕製作すると、干すところがないので、カーテン代わりに。

U.S. Military must not jeopardize YANBARU forest's bid for World Heritage status!
(米軍のせいでやんばるの森の世界遺産登録が台無しになるの許さーんっ!)

赤地に黄色文字は米軍ヘリパッド看板の定番。このほか森の緑のペイント、ブラシ、使い古しの段ボール箱、ハサミなどを用意。

訪れたやんばるの森は、夏休みだし、工作するのにうってつけの日曜日。
テントには、最強な顔ぶれ。

さっそく段ボールをハサミで切り抜いてブロッコリーの森の版をつくる。もじゃもじゃ部分は、ハサミ、カッター、ペン先などで模様を付けてみた。
裏側にはガムテープで簡単な取っ手を付けて。版画やステンシルよりもさらに簡単で楽しい、段ボールスタンプの出来上がり。
台風のけーし風のなか、森の声を聞きながら、ぺたり、ぺたり。
テントに集まったおんなたちは、いずれもタンクトップ姿であり、暗黙のうちに現場で意思を通じ合い横断幕制作を遂げたことは明らかなのであります。


20170702

7月、辺野古へ、高江へ、安全運転で!

「今がその時だ」

「今がその時だと思わせる」

「今がその時だともう気付いていたんだ」

ちょっと迷っているなら、”バード”からフォークからイマドキのポップスまで、「今だよ」と背中を押してくれる自分ならではの音楽を携えて、辺野古へ。高江へ。
おいでよ。

見慣れた時計と佐久間さんとアイヌ版「命どぅ宝」。三つはなぜか今日の高江のテントでイイ感じに並んでいた。根拠はないけど、説明できない何かに引き寄せられて、みんなここに来てしまうのだと思う。そんな話をした。

今が
その時
辺野古へ
高江へ