skip to main | skip to sidebar

20160526

haberu woodbrock print tag/蝶の木版画布タグ

ショックと恐怖は、権力による強い管理に支配を委ねてしまい易い心理的状況をつくる。だが悲しみと怒りは、労り合う共同性のための深いちからを生み出すと信じたい。
 ウォーキングや散歩というのびのび生きる日常が、「危険だから」と抑制されたり閉じ込められたりしないためには、何が必要だろうか。
 武装した「団」や「隊」の抑止力で保護される「セキュリティ」ではない、別の方法。強い誰かに私の安全を委任してしまわず、お互いに見守り合うような関係を作りたいものだ。
 むしろ、みんなでどんどんウォーキングに、散歩に、路上に出かけてみてはどうだろうか。足腰とともに人々を信頼する体力を鍛えたい。
 A3BCの皆さんの版画教室にいつも参加できず残念なのを思い出し、版画で布タグを作ってみた。これなら買い物カバンやリュックにも、Tシャツの袖や帽子にも、安全ピンで簡単に留められる。タグを付けてどんどん歩いていこう!
 皆さんも、いかがですか。

20160522

Letter of demand on May 20

May 20, 2016
[Japanese Original]

Mr. Barack Obama, President of the United States
Ms. Caroline Kennedy, United States Ambassador to Japan
Mr. Lawrence D. Nicholson, United States Military Okinawa Area Coordinator (OAC)
Mr. Shinzo Abe, Prime Minister of Japan
Mr. Yoshihide Suga, Chief Cabinet Secretary of Japan

Mr. Takeshi Onaga, Governor of Okinawa Prefecture

Letter of Demand to Mourn the Victim of the Murder Incident linked to the Former U.S. Marine, to Fully Investigate the Truth, and to Immediately Withdraw U.S. Military Forces in Okinawa 

 A day ago on May 19, a woman who had been missing since the end of April, was found dead, and a former U.S. Marine soldier was arrested as the suspect. As we face this harrowing incident, we grope for words to say. We cannot help but to feel our rage welling up in us with pain.

But we’ve also begun to hear remarks from those who neglect to attend to such rage and suffering. They seek to evade responsibility, reduce the graveness of the incident, and treat it as part of a political game. In such a circumstance, we cannot choose to be silent. We have gathered here to raise our voices.

First and foremost, we mourn the loss of a precious life that has been taken away. We demand that people who have cared for her not be deprived of their time and opportunity to remember her.

We cannot calm our raging hearts as we try to imagine how much fear and suffering she must have been in. Those of us who live in Okinawa are shocked beyond words as we recognize that this could have happened to us. So we stand together in pain and suffering.

We have been torn numerous times by remarks and attitudes that degrade the victims of military violence in Okinawa, where the continuing presence of the military bases and troops has been imposed upon for decades. We strongly demand that the dignity of the victimized person be respected.

In mid-March this year, a U.S. soldier sexually assaulted a woman at a hotel in Naha. At that time, Lt. General and US Military’s Okinawa Area Coordinator Lawrence D. Nicholson apologized to Okinawa Prefecture’s Governor Takeshi Onaga and remarked, “Today, I came here to represent 27,000 uniformed members, 17,000 families, 4,000 civilians, 50,000 Americans.” A mere two months have passed. Has the U.S. military failed again to keep its promise to enforce strict discipline and take preventive measures? How will it fulfill these responsibilities?

We have always insisted that “the military is an organization of structural violence and does not protect human security in times of war or peace.” Military bases and troops have profoundly destroyed human bodies and spirits, and this has been the case within and outside the fences. We urge each and every member of the U.S. troops, the civilian employees of U.S. military, and their families that are stationing in Okinawa: mourn, rage, and voice your protest in solidarity with us. Please do not act as if you have nothing to do with this.

We strongly urge both U.S. and Japanese governments, US military forces, and Okinawa Prefecture to face the reality brought by the presence of the bases and troops and take actions responsibly. For these purposes, we strongly demand from them the following:

1. We demand that those who have been close to the victim receive proper apology and care.

2. We demand that the truth of the incident be thoroughly investigated and the perpetrator be rigorously punished.

3. We demand that all military bases and troops in Okinawa be withdrawn so that we can achieve truly safe society for people living in Okinawa.


Signers:
Okinawa Women Act Against Military Violence, Committee for One-Stop Assistance Center, Rape Emergence Intervention Counselling Center Okinawa (REICO), Group on Gender Issues, Women’s Groups Liaison Council Okinawa, Japan Womens' Council I Okinawa, New Japan Women’s Association Okinawa, Okinawa Prefecture Mothers’ Congress Liaison Committee, Okinawa Teachers Union, Okinawa Senior High School Teachers Union, Okinawa Association of Retired Teachers, Okinawa Association of Retired Senior High School Teachers, SEALDs Ryukyu, Mothers Against War Okinawa, Naha Broccoli, Citizens Group Wankara, Peace Camp Okinawa Preparatory Committee, Project Disagree, Concerned Students in Okinawa Prefecture, Nago Council against the Construction of the U.S. On-Sea Heliport and for Peace, No Helipad Takae Resident Society, We Planning, Okinawa Korea People’s Solidarity, WILPF Kyoto, Citizens' Association for the Study of International Law, Yomitan Network for Opposing the Strength of Torii Station and Making the Best Use of the Municipal Ordinance of Village Autonomy, “Start from here, now”, Okinawan Studies 107, Hawaii Peace and Justice, HOA: Hawaii Okinawa Alliance, las barcas Journal, monaca (Movement of Nonames Against Campus Abduction), Iinagu Women’s Group to Support Mayor Inamine and Nago City Government, Anna Group in Miyako, Tida no Fua Group to Make Peaceful Future for the Islander Children, Okinawa Prefectural Association for Popularization of the Peace Constitution, Okinawa Civil Liberties Union
[Updated on May 21, 2016]

20160521

基地・軍隊に合意してないみんなで声明発表しました。

5月20日、記者会見に「合意してない」ピープルも加わり、次の声明を発表しました。

 元米軍海兵隊兵士の事件被害者を追悼し、十分な対応と真相究明、米軍の撤退を求める要求書 

 昨日5月19日、先月末から行方不明になっていた女性が遺体で発見され、元海兵隊員で軍属の男性が容疑者として逮捕されました。この痛ましい現実に直面し、何を言うべきなのか。怒りが痛みを持って沸き上がるのを押さえることが出来ません。

  この怒りや悲しみに心を配らず、責任回避や矮小化、政治の駆け引き事のように取り沙汰しようとする声も聞こえ始めています。このようなとき、沈黙を選んではならない。私たちは声を発するためにここに集いました。

  私たちは何よりもまず、奪われた尊い命を悼みます。彼女を大切にしてきた人びとが、彼女を想うための時間と機会が損なわれることのないよう、求めます。
  私たちは、彼女がどれほどの恐怖と苦しみのなかにあったか、荒ぶるような心を鎮めることが出来ません。沖縄に暮らす私たちはみな、自分にも起こり得たことだと、言葉を失い、その痛み苦しみを共にしています。

  私たちは、基地・軍隊の長期駐留が押し付けられている沖縄で、幾度となく繰り返される事件のたびに、被害者を貶める発言や態度にも、幾度となく引き裂かれてきました。被害に遭った人の尊厳が守られるよう、強く求めたいと思います。

  今年3月中旬、那覇市内のホテルで女性が米兵による性暴力の被害に遭ったときに、在沖米軍のローレンス・ニコルソン四軍調整官は、「沖縄にいる米軍人、家族、軍属の合計5万人を代表する」と発言して、翁長知事に謝罪しています。あれから2ヶ月しか経っていません。綱紀粛正・再発防止の約束は、また反故にされたのでしょうか。この責任はどのように果たされるのでしょうか。

  私たちは「軍隊は構造的暴力組織であり、平時と戦時とを問わず、人間の安全を保障しない」と訴え続けてきました。基地・軍隊は、人間の心と身体を深刻なまでに破壊しており、それはフェンスの内と外とを問いません。沖縄に駐留する米軍人・軍属・家族のひとりひとりにも呼びかけます。自分たちには関係ないという態度は許されません。私たちと共に悼み、怒り、抗議の声を上げて下さい。

  私たちは、日米両政府、米軍、沖縄県に対して、基地・軍隊の駐留がもたらすこのような現実を直視し、責任ある行動を執るよう、以下のことを強く要求します。

 一、被害者を取り巻く人びとへの謝罪とケアが丁寧に行われること。
 一、真実が究明され、加害者への厳正な処罰が行われること。
 一、沖縄に暮らす人びとの真に安全な社会を実現するため、沖縄から全ての基地・軍隊の撤退を求める。

 2016年5月20日

 基地・軍隊を許さない行動する女たちの会、ワンストップ支援センターの設立を強く望む会、強姦救援センター・沖縄(REICO)、ジェンダー問題を考える会、女団協、I女性会議、新日本婦人の会、沖縄県母親大会連絡会、沖教組、高教組、高退教、沖退教、SEALDs琉球、安保法案に反対するママの会@沖縄、那覇ブロッコリー、わんから市民の会、ピースキャンプ沖縄準備会、合意してないプロジェクト、沖縄県内学生有志、ヘリ基地反対協、ヘリパッドいらない住民の会、Weぷらんにんぐ、沖韓民衆連帯、WILPF京都、国際法市民研究会、トリイ基地の強化に反対し読谷村自治基本条例を生かす会、「今、ここからはじめよう」、オキスタ107、Hawaii Peace and Justice、HOA: Hawaii Okinawa Alliance、雑誌las barcas、monaca、稲嶺市政を支える女性の会(いーなぐ会)、みやこ・あんなの会、てぃだのふぁ島の子の平和な未来を創る会、沖縄県憲法普及協議会、沖縄人権協会 (5月21日現在、36団体)

5月22日(日)共同行動の呼びかけ


「元米海兵隊兵士の事件被害者を追悼し、米軍の撤退を求める集会」
5月22日(日)午後2時より、キャンプ・フォスター司令部のゲート前(北中城村石平)で、喪と抗議の意思表明の行動を計画しています。スピーチ中心の集会ではなくスタンディングで、静謐の中に深い怒りを、表しましょう。黒や白い服装でのご参加を呼びかけます。

20160406

軍事基地の人権侵害に合意してない

軍事基地の人権侵害に合意してない声明

 2016年4月1日、辺野古で、米軍が市民を拘束して基地に連れ込み、8時間に及んで監禁する重大な人権侵害事件が起きました。これに対して日本政府は、国民国家を託された代表機関として当然なすべき、人身の保護を怠りました。

 人を拘束し閉じ込めて社会的状況から遮断するのはリンチであり、震撼すべき人権侵害です。人を逮捕するという警察権限は、根拠だけではなく、法律に定められた手続きに基づいて行われるからこそ辛うじて容認されるものです。これは世界中で闘われた自由と民主主義の根幹です。このように恐ろしい人権侵害が平然と行われる国では、だから、解放を求める人々の行動にこそ、信を置かなければなりません。

 それにしても、なぜ、沖縄なのか。

 米軍基地提供区域の境界線が、メルトダウンを引き起こして私たちの暮らしのほうに滲みだしているのです。境界線の向こうは、米国の市民社会ではない、底知れない無法地帯です。「良き隣人」も「コミュニティの一員」も命令による振る舞いであり、軍隊の闇はどんな美しい言葉でも覆い隠すことは出来ません。

 3月31日に行われたという日米の代表者同士の会談で、レイプされた被害者のための怒りは日本から表明されませんでした。その直後に起こったこの恐るべき人権侵害についても、ただ傍観するのみで、米軍の暴走を制することもできませんでした。それだけではないでしょう。日本という国は、沖縄で米軍基地をめぐって起こる被害について、ネグレクトという制裁を行っていると言うほかありません。

 軍隊は住民を守らない。平時であろうと軍隊は暴力そのもの。
 これが沖縄の掴んだ真理です。

 海上保安庁は警察権を持つ上、すでに英語名をCoast Guardと名乗る準軍事組織です。第11管区中城海上保安部は、鉄板と有刺鉄線のフェンスで囲いカメラで市民を監視する要塞でした。辺野古で連日のように国境警備モードで人々の首を絞め腕をねじり海に沈めて来た組織です。さらに「自衛隊」という名の組織が、アメリカの5番目の軍隊の顔つきで琉球弧を再び戦場にしようとしています。日本という国が、沖縄を再び殺そうとしています。そして、抗議する市民の人権は保護に値しないと棄却されているのです。

 私たちは、沖縄で軍隊が引き起こすレイプ、拉致監禁、騒音、汚染、海と森と空の収奪、あらゆる犯罪行為に抗議します。

 <見る>ことがもう、攻撃することと同義となった時代には、自由に書くことが、賭けられています。行動することは書くことの延長線上にあり、守られるべき人権、表現の砦です。共にその砦を創り出していきましょう。

 書く者たちこそが、その信念への信頼を、奪われないように、殺されないように。
 願いを込めて。

2016年4月3日
合意してないプロジェクト

この声明に賛同する人びと
(2016年4月6日17時現在、50音順)
秋林こずえ(同志社大学)、阿部小涼(琉球大学)、新垣友子(沖縄キリスト教学院大学)、稲福日出夫(沖縄国際大学)、井上間従文(一橋大学)、呉世宗(琉球大学)、大城ひさこ、岡本由希子(編集者)、木村厚子(岐阜県民)、黒澤亜里子(沖縄国際大学)、坂下史子(立命館大学) 、佐藤泉(青山学院大学)、佐藤学(沖縄国際大学)、島袋純(琉球大学)、新城郁夫(琉球大学)、道面雅量、徳田匡、戸邉秀明(東京経済大学)、渡真利哲、西泉(沖縄大学)、浜邦彦(早稲田大学)、浜川智久仁(沖縄大学)、星野英一、三上智恵(映画監督)、宮城公子(沖縄大学)、村上陽子(沖縄国際大学)、森美千代(自由の森学園)、森川恭剛(琉球大学)、若林千代、ほか2名。

(2016年4月6日17時以降、順不同)
平井玄、殿平有子、宮城康博(沖縄県民)、中野敏男、垣見宏(愛知県名古屋市在住)、山田修(出版社勤務)、親川志奈子 (琉球大学大学院)、本田盛(関西学院大学)、照屋寛之(沖縄国際大学)、中村みのり、大野光明(同志社大学/スワロウカフェ)、後藤聡(日本基督教団牧師)、山城知佳子(アーティスト)、森啓輔、児島博紀




English translation

We Do Not Concede to Military Base Human Rights Violations
- A Statement of Protest -

On April 1st, 2016, the U.S. military detained a civilian in Henoko, took him into the U.S. Marines’ Camp Schwab, and restrained him under confinement for over eight hours. This incident is a major violation of human rights. Yet the Japanese government as a governing body, did not act on the incident and thus completely failed to protect the civilian whose physical safety was at stake.

Taking people into custody, confining them and cutting them off from society amounts to lynching, which is a tremendous human rights violation. Making an arrest by police authority is not only based on reason for arrest but also the law which legitimates a process of making an arrest. This is the authority that people around the world have fought against to gain the basis of freedom and democracy. In a country where such horrendous human rights violations have been coolly practiced, trust must be placed upon the very acts of people who desire liberation.

But why did it have to happen in Okinawa?

It happened because the borderline that separated us and the land occupied by the American military base has been undergoing a meltdown— slowly eroding into our lives. Abyssal, lawless land lies beyond the border, completely distinct from American civil society. Being a “good neighbor” or “a member of the local community” merely are military orders which are obeyed. No matter how beautiful the words, it is impossible to cloak the shadows of the military.

At the Nuclear Security Summit held on March 31, the Japanese Prime Minister did not express any indignation for the recent rape of a Japanese person committed by the U.S. Navy sailor stationed at the Camp Schwab in Henoko.

The Japanese government also remained a mere bystander during and after the detention of the citizen this time. It did not even try to restrain the U.S. military’s reckless rampage.
And surely that is not all. It can only be said that in regards to the harms/injuries surrounding American military bases in Okinawa, Japan as a nation-state imposes neglect as a sanction.

Military does not protect people. Regardless of whether it is peacetime, the military is violence itself. This has become the historical truth through lived experience of Okinawa.

The Japan Coast Guard (the JCG)—previously known in English as the Maritime Safety Agency of Japan—retains police authority power and, as its current English name suggests, is a paramilitary force.  The 11th Region Nakagusuku Coast Guard Office is a fortress, equipped with the cameras to survey citizens and protected by the barbed-wire fence and iron walls. The JCG—which now acts in the mode of border control—is an organization responsible for chokeholding people, twisting their arms, and dunking their heads into the sea of Henoko daily. On top of this, Japan’s “Self-Defense Forces” tries to pass as the American military’s fifth branch, turning the arc of islands in Okinawa into a warzone.  The state of Japan is attempting to kill Okinawa again.  It does not respect the rights of citizens who protest, dismissing them as not being worthy of protection.

We protest all forms of criminal acts committed by the military in Okinawa, including rape, abduction and confinement, noise pollution, contamination, and expropriation of the sea, forest, and sky.

In the Age of the World Target--- in which an act of seeing has become a synonymous with an act of targeting--- our freedom to write is at stake. Acting politically comes as an extension of writing freely, and they constitutes a bastion of human rights and human expression. Let us create bastion together.

In hopes that those who write will not have their trust in that conviction stolen, their trust in that conviction killed.

With desires,

April 3, 2016
Project Disagree


Thanks for the english translation: Ayumi, Yuko, Tommy, Neo, and Mayumo

20160404

4月の辺野古・高江カー情報、美しい人たち


4月2日(土)、中城港湾の埋立地に集った人たちの胸を打つ光景。その1。ゲート前でその瞬間は今か、今かとドキドキしていた時、後ろを振り返ったら、大きな道路の中央分離帯にずらっと居並ぶ人、人、人。その2。MCを休憩させつつ、「おきなわ愛らんど〜♪」と振り付けで歌うオトナたち。この後、振り付け指導があり、みんなも踊らされておりましたよ。他にも沢山美しい人たちの姿が。抗議する人たちと共に過ごす時間は、とても佳い時間です。

さて。平和な市民による、辺野古・高江行きカー情報、2016年4月分です。

・4月1日(金)、3名、辺野古限定7時発
・4月2日(土)、3名
・4月5日(火)、3名、辺野古限定
・4月6日(水)、3名
・4月7日(木)、3名
・4月8日(金)、3名
・4月12日(火)、3名、辺野古限定
・4月13日(水)、3名
・4月14日(木)、3名
・4月15日(金)、3名
・4月18日(月)、3名、辺野古限定
・4月19日(火)、3名、辺野古限定
・4月20日(水)、3名
・4月21日(木)、3名
・4月22日(金)、3名、辺野古限定、7時発
・4月25日(月)、3名
・4月26日(火)、3名、辺野古限定
・4月27日(水)、3名
・4月28日(木)、3名
・4月30日(土)、3名、辺野古限定

1. 送迎車は、那覇インター前バス停で待機しています。
同バス停を原則8時に出発して、同乗者の希望により高江・辺野古まで行きます。高速内のバス停での途中乗車も可能です。

2.同乗希望者は、必ず長嶺(090-2712-6486)か城間(080-1782-6598)まで事前に連絡して下さい。

3.沖縄平和市民連絡会では、この行動の定期化のため、送迎車のガソリン代と高速料金援助のカンパを募っています。カンパの宛先は、『(口座番号)は01710-5-88511』『(加入者名)は平和市民連絡会』『通信欄に辺野古・高江行きカンパ』と記入してください。


20160201

2月の辺野古・高江カー情報、「しかし第一に、人は道路に座る権利をもち」

平和市民連絡会による辺野古・高江行きカー情報、2月です。
---
1日(月)8時発 
2日(火)8時発 辺野古
3日(水)8時発 
4日(木)8時発 
5日(金)6時15分発 辺野古
8日(月)8時発 
9日(火)8時発 辺野古
10日(水)8時発 
11日(木)8時発 
12日(金)6時15分発 辺野古
16日(火)8時発 辺野古
17日(水)8時発 
18日(木)8時発 
19日(金)6時15分発 辺野古
22日(月)8時発 辺野古
23日(火)8時発 辺野古
24日(水)8時発 
25日(木)8時発
26日(金)6時15分発 辺野古
27日(土)8時発 辺野古
29日(月)8時発 
1. 希望者は事前に城間(080-1782-6598)または長嶺(090-2712-6486)まで。
2. 乗車可能な人数は3名。高速道路内バス停での乗降も可能です。
3. 那覇インター前バス停留所向かいに無料駐車場(6時〜20時)があります。
4. 上記[辺野古]記載のものは辺野古のみに行きます。
※ この行動へのカンパをお願いします。
沖縄平和市民連絡会では、この行動の定期化のためカンパを募っています。
ゆうちょ銀行
(口座番号) 01710-5-88511
(加入者名) 平和市民連絡会

通信欄に「辺野古・高江行きカンパ」と記入してください。

さて。最近新聞に掲載された論考をアップしてみました。
プリントして、ゲート前読書に、いかがでしょうか。
森川恭剛「寄稿・辺野古座り込み強制排除への疑問」『沖縄タイムス』2016年2月1日。
新城郁夫「『わたしたちは負け方を知らない』:国、警察=軍は、退く以外の道はない」『図書新聞』2016年1月1日。

20160107

1月の辺野古・高江カー情報


1日(金)6時30分発  辺野古
5日(火)8時発 辺野古
6日(水)8時発
7日(木)8時発
8日(金)6時30分発 辺野古
9日(土)8時発
12日(火)8時発  辺野古
13日(水)8時発
14日(木)8時発
15日(金)6時30分発  辺野古
16日(土)8時発  辺野古
18日(月)8時発  辺野古
19日(火)8時発  辺野古
20日(水)8時発
21日(木)8時発
22日(金)6時30分発  辺野古
25日(月)8時発
26日(火)8時発 辺野古
27日(水)8時発
28日(木)8時発
29日(金)6時30分発 辺野古
---
1. 希望者は、必ず事前に連絡をお願いします。
・城間(080-1782-6598)または
・長嶺(090-2712-6486)まで
2. 乗車可能な人数は3名
3. 高速道路内バス停での乗降も可能です。
4. 高速那覇インター前バス停留所の真向かいに、県営の無料駐車場があります。そこに駐車してこの送迎車の利用も可能です。
5. [辺野古]の記載のないものは辺野古経由で希望により「高江」まで行きます。
6. 辺野古での早朝行動が、緊急に提起された場合、出発時間は早まり午前5時〜5時30分に出発となりますので、ご確認ください。
7. 現在、集中行動日は水、木曜日となっています。
8. 沖縄平和市民連絡会では、この行動の定期化のためカンパを募っています。
ゆうちょ銀行
(口座番号) 01710-5-88511
(加入者名) 平和市民連絡会
通信欄に「辺野古・高江行きカンパ」と記入してください。
---

20151121

APALAの決議にこめられた草の根的なつながり

 アジア太平洋系アメリカ人労働者連盟 (APALA: Asian Pacific American Labor Alliance) が、辺野古と高江の米軍基地建設に反対する決議を採択しました(沖縄タイムス琉球新報APALAのFBRyukyu Shinpo English News)。
 セサル・チャベスが指導者となった農場労働者組合、1965年カリフォルニア州デラノのぶどう農場労働者ストライキの50年を記念する年に、人種を越えたネットワーキングを重視し、実践してきたAPALAならではの反応ではないでしょうか。
 この決議の白眉はふたつ。まず軍事同盟とTPPをしっかりと繋げて批判し得ているところにあります。そしてふたつめは、決議に「高江」の文字が入っていることです。だって、みんな高江のことも気にしているんだもんね。草の根がつながることの価値はこういうところにあると思うので、ここに紹介します。

【11月25日追記】
APALAのサイトでこの決議がアップされました。
プレスリリースもついています。その末尾で報道記事の紹介が挙がっています。
●『琉球新報』の記事は英訳されていますので、アメリカの皆さんにも伝わりますね。
Sakae Toiyama, "All Okinawa Council delegation to US meets with citizens’ groups, conveys opposition to base construction," Ryukyu Shinpo, November 17, 2015.
(本家、元祖の日本語のほうはこちら。問山栄恵「基地反対民意訴え/島ぐるみ訪米団、市民団体と意見交換」『琉球新報』2015年11月17日。
●The Nation紙の記事にもなっていました。
Tim Shorrock, "A Broad Coalition of Okinawans Says No to a New US Marine Corps Base," The Nation, November 24, 2015. ジョン・ミッチェルさんの軍事基地汚染の論文などにもリンクを貼りながら、今回の訪米団を丁寧に報道しているのが印象的。
●以下の決議文には、日付がなかったので、追加しました。
以上、追記しました。



APALA沖縄決議
 アジア太平洋系アメリカ人労働者連盟(APALA)は、平和と正義に深く貢献し、「環太平洋パートナーシップ」(TPP)に反対しています。
 沖縄の大多数の人びとは、沖縄、辺野古への米軍基地拡大要求に反対しています。
 平和運動と労働運動の勇気ある活動家たちが、辺野古と高江で、1日24時・週7日間体制の長い月日に及ぶキャンプに取り組み、米軍基地の拡大に抗議しています。
 日本の人びとは、再軍事化を図る安倍首相に反対し、大規模な抗議デモに至っています。
 TPPは環太平洋地域の労働者に言いしれぬ苦痛を与える貿易協定であるうえに、太平洋に戦争と侵略を準備する軍事協定でもあるのです。

よって、私たちは次の通り決議します。

 アジア太平洋系アメリカ人労働者連盟(APALA)は、沖縄の人びとに連帯し、辺野古と高江における新基地建設と、沖縄の米軍基地拡大に反対します。
 APALAは、オバマ大統領と連邦議会の主要な議員に対し、沖縄の米軍基地拡大に抗議を表明する書簡を送ります。
 APALAは、沖縄の人びとを支援し沖縄の米軍基地拡大に抗議する運動を奨励するよう、アメリカ労働運動の指導者たちに声を届けます。

2015年11月15日
APALA National Executive Board
(アジア太平洋系アメリカ人労働者連盟全国執行委員会)


RESOLUTION ON OKINAWA

November 15, 2015.
APALA National Executive Board

WHEREAS the Asian Pacific American Labor Alliance is deeply committed to peace and justice, and opposed to the Trans Pacific Partnership;

WHEREAS the vast majority of the people of Okinawa are opposed to the proposal to expand the U.S. military base in Henoko, Okinawa;

WHEREAS a group of courageous peace and labor activists have staffed encampments in Henoko and Takae 24 hours a day, seven days a week, for many months to protest U.S. military base expansion;

WHEREAS the people of Japan have staged massive demonstrations against Prime Minister Abe’s proposals to re-militarize Japan;

WHEREAS the TPP is both a corporate trade agreement which would cause untold suffering for workers in the Trans Pacific region, but also is a military agreement to prepare for war and aggression in the Pacific region;

THEREFORE BE IT RESOLVED that

The Asian Pacific American Labor Alliance stands in solidarity with the people of Okinawa in opposing the building of new bases at Henoko and Takae, and the expansion of current U.S. military bases in Okinawa;

APALA will write to President Barack Obama and key members of Congress to express our opposition to the expanded U.S. military base in Okinawa; and

APALA will reach out to leaders of the U.S. labor movement to encourage the U.S. labor movement to support the people of Okinawa and to oppose the expansion of U.S. military bases in Okinawa.

20151119

「ヤナマール」セネガルから来沖!


セネガルから「ヤナマール」運動を牽引したヒップホップ集団クルギが初来日・初来沖します。画像は、沖縄のライブ情報を添付させて頂きました。隠れてしまった東京・仙台の皆さまごめんなさい。悪しからずご了承下さいまし・・・。
全体の企画はこちらのサイトでご確認頂けます

▲「非暴力の牙」シンポジウム@琉球大学
「ヤナマール、新たな非暴力のかたち
:西アフリカ社会運動体の訴える成長の破局、生者の主権」
 2015年11月28日(土) 09:30-12:00
日本平和学会秋季研究集会の企画の一部として開催されます。
その他パネルも見どころ聴きどころ満載!
日本平和学会秋季研究集会の詳細はこちらで http://goo.gl/iaXZpN

▲爆発コラボライブ「ヤナマール」
@groove
11月29日(日)
開場19:30 開演20:00
料金2,500円+ドリンクオーダー
ライブのお問い合わせはgrooveまで。
http://www.cosmos.ne.jp/~groove/
http://blog.goo.ne.jp/r58_groove/e/3eecf9c4f827f9985970b20997661b9e

▲クルギを知る参考映像たとえば・・・
Rebel Music, Senegal: Ready for Change (Full Episode) 
http://youtu.be/odEZRptBMrA
クルギ 『債務上等』
https://www.youtube.com/watch?v=iiCMZOCJr10
クルギ 『口撃』
https://www.youtube.com/watch?v=ZLrTLPrUodQ

20151101

10歳になりました。


 10年単位の「周年」がルーティン行事になっちゃうと義務感、やらされ感が出て来て楽しめないものです。だから、言い出しっぺがいたらいいのになぁ、なんて思っていたら!
 素晴らしい人が、なんと素晴らしいタイミングで、沖縄に飛んできてくれます。
 企画もふたつばかり出来ました。
 10周年なんて、特別なことをしなくても偶然の歓待が、訪れてくれるものです。

(企画その1)
列伝から10年(とちょっと):高祖岩三郎氏と大いに語らう
2015年11月6日(金)16:30より
琉球大学法文学部203教室にて
阿部ゼミの拡大ゼミです。お誘い合わせて、飲み物食べ物も持ち合わせて、どうぞ。

(企画その2)
高祖岩三郎来沖トークイベント「すわる」だけでも腹は減る
2015年11月7日(土)18:00 open
Record & Music Bar "ON"
http://www.on-okinawa.info/
美栄橋駅前牧志ビル4F(駐車場ありません)
「土曜日のハラペコズ」主催

ケンカをしても、仲良ししてても、減るもんなぁ〜。とーさんもかーさんもお誘い合わせて、どうぞ。

この10年、みんなどんなことしてた?なんてことを喋りながら、これからのアクションのアイディアも持ち寄る機会にしたいと思います。

11月の辺野古・高江カー情報

11月の辺野古・高江に連れてってくれる、平和な市民のカー情報です。行き先の希望と現場の状況に、柔軟に対応することを、追求してくれています。末尾の注意をきちんと読んで、協力宜しくお願いします。
---
2日(月)8時発
4日(水)8時発
5日(木)8時発 辺野古
6日(金)6時半発 辺野古
9日(月)8時発
10日(火)8時発 辺野古
11日(水)8時発
12日(木)8時発
13日(金)6時発 辺野古
14日(土)8時発 辺野古
16日(月)8時発
17日(火)8時発 辺野古
18日(水)8時発
19日(木)8時発 辺野古
20日(金)6時半発 辺野古
21日(土)8時発
24日(火)8時発 辺野古
25日(水)8時発
26日(木)8時発
27日(金)6時半発 辺野古
30日(月)8時発

1. 希望者は、必ず事前に連絡をお願いします。
・城間(080-1782-6598)または
・長嶺(090-2712-6486)まで
2. 乗車可能人数は3名、途中、高速道路内バス停での乗降も可能です。
3. 高速那覇インター前バス停留所の真向かいに、県営の無料駐車場があります。そこに駐車してこの送迎車の利用も可能です。
4. [辺野古]の記載のないものは辺野古経由で希望により「高江」まで行きます。
5. 沖縄平和市民連絡会では、この行動の定期化のためカンパを募っています。
ゆうちょ銀行の宛先は以下
(口座番号) 01710-5-88511
(加入者名) 平和市民連絡会
通信欄に「辺野古・高江行きカンパ」と記入してください。
---
コツコツ。コツコツ。続けて行くことを言うときは、なにか佳い音がします。
写真は、東京都国立市のカレー屋さんのトイレ入口ドアです。
トイレのドアには、たいてい、なにか佳いことが貼ってあります。