skip to main | skip to sidebar

20140127

今日、1月27日月曜日、高江のため南へ向かうか北へ向かうか、そして応援ギアに新作

高江からお知らせ(ギリギリでごめんなさい)、
今日、県庁とオキボに要請行動です、参加求む。ご参集下さい。
キミは南へ向かうか?北へ向かうか?
---
1月27日(月)
 午前10時15分 県庁1Fロビー集合
 午前10時40分 県への要請
 午前11時20分 記者クラブで会見
 午後1時30分 沖縄防衛局前集合
 午後2時 防衛局に抗議の申入れ
 明日、27日(月)ヘリパッドいらない住民の会は、沖縄県への要請と沖縄防衛局への要請行動を行います。なぜなら、現在行われているN4地区の工事と同時並行で、N1地区のヘリパッド工事が始まろうとしているからです。
 国とN1地区の工事業者「北勝建設」の間では、すでに契約が交わされており、工期は1月22日~来年3月31日と決まりました。しかも、この新たな工事によって、N4地区の5倍にあたる22641㎡もの森林が伐採されるというのです。
 こういった要請や裁判など重要な用事で那覇などに行っている際に、人数の少ない座り込み現場で沖縄防衛局が強引な作業を強行することが、過去、何度もありましたので高江の座り込みにつきましても、より一層のみなさんのご参加をよろしくお願いします。
---
さて。辺野古と高江応援ギア、新しく登場しました。
ステッカーはZeroBqによるもの。反原発関連もある
Tシャツは辺野古のアイツらの制作。うひゃ♥イソヒヨドリくんを胸に掲げて山へ海へ町へ!










20140114

「だれがつくったかわかりません」

新城郁夫「特定秘密保護法は沖縄に躓き、沖縄に侵食される:いま私たちが私たちの「秘密」を創出していくこと」『図書新聞』2014年1月1日。

 「わかりません」と言ったと、(その矛盾にも拘わらず)ほのめかす。かくして繰り返される矛盾遂行の反復が、「私たち」なる共謀体を編み出す。

 法が「無法」状態を構成するとき、メインストリームが要求する様式や大人しさ、「まともさ」を能う限り踏み外して、私たちは「法外なもの」となるだろう。「私たち」とは、このようにして姿を現す。メインストリームが躓き、メインストリームが侵食されてしまう者として。「矛盾遂行連続体」とでも呼ぶべき者として。私たちを隔てるあらゆるゲートに無数に現れる者として。

The point, it seemed, was to spend oneself with as much attention as possible, and also to make the instruments sound as unmusical, or as non-Western, as possible. It was almost as if the blues people were reacting against the softness and "legitimacy" that had crept into black instrumental music with the advent of swing. In a way, this is what had happened, and for this reason, rhythm & blues sat as completely outside the mainstream as earlier blues forms, though without that mainstream this form of music might have been impossible.

LeRoi Jones, "The Blues Continuum" in Blues People (1963).
R.I.P. Amiri Baraka (1934-2014)

20140101

沖縄の新聞が沖縄らしくあることの価値

これだから沖縄の新聞は!と思わせる年末年始。
1.大晦日の琉球新報、自紙の広告はなぜか終了した長寿番組「笑っていいとも」へのオマージュ。でもメッセージにほとばしる批判は隠しようも無い。
2.大晦日のタイムス、おばあタイムスももはや左岸の彼方へ。
3.そして元旦の新報の1面トップ記事で、枯れ葉剤問題。これは!

今年も、合意していません。ぼちぼち頑張りましょう。どうぞ宜しくお願いします。







20131230

年末年始の沖縄、1月の辺野古・高江カー情報

今日から元旦除いて5日まで、朝9時と夕方5時は知事公舎前抗議あります。がんじゅーたちに出会えます。
ただしここに住んでいる人のマブイは東京に落としてきたともっぱらの噂。被選挙権の要件に「まぶい」って無かったっけ。

辺野古の元旦はちうくしーは、おぞうにpartyとのこと。亀は空を飛ぶし、ジュゴンのあたまに乗っかってイソヒヨドリもご機嫌。

そして虹はどうやら高江ピープルの上にも出ています。年末年始もkeep on action!とのこと。お越し下さい。

さて。年が明けたら、1月の平和な市民の辺野古・高江カー情報です(前回サボってしまってごめんなさい)。7時出発の高江直行便が多数!たのもしいぞ。

1月6日(月)3名高江限定、7時発
1月8日(水)3名高江限定、7時発
1月10日(金)3名高江限定、7時発
1月14日(火)3名高江限定、7時発
1月20日(月)5名
1月21日(火)3名高江限定、7時発
1月22日(水)3名
1月23日(木)3名、
1月24日(金)3名高江限定、7時発
1月25日(土)5名
1月27日(月)5名
1月28日(火)3名高江限定、7時発
1月29日(水)3名
1月30日(木)3名

2014年1月分高江・辺野古への支援行動について 沖縄平和市民連絡会では、高江・辺野古への支援行動を行うために那覇からの送迎車を出しています。
1. 送迎車は、那覇インター前バス停で待機しています。高速那覇インター前バス停留所の真向かいに、県営の無料駐車場があります。そこに駐車してこの送迎車の利用も可能です。
2. 同バス停を8時に出発して、同乗者の希望により高江・辺野古まで行きます。高速内のバス停での途中乗車も可能です。
3. 同乗希望者は、必ず長嶺(090-2712-6486)か城間(080-1782-6598)へ事前に連絡して下さい。
4. 平和市民連絡会では、この行動の定期化のため、カンパを募っています。カンパの宛先は、『(口座番号)は01710-5-88511』『(加入者名)は平和市民連絡会』『通信欄に辺野古・高江行きカンパ』と記入してください。
---

辺野古・高江のドライヴには歌が必要!こんなときは胸も潰れんばかりの日々にあっても夢を歌い続けるジミー・クリフを、いっぱい詰め込んでみる。

 まだ見たこともない愛や、なりたいものを夢見よう。
 道のりの遠さも忘れる頃には、その夢は殆ど叶っているから。
 山を越えたり海を渡らなきゃならないときがあるし。
 信じられる人に出会うなんてそんなに簡単なことじゃない。
 でも為すべき事を続けていれば、待ち望んだものがきっと見付かる。

こんな感じかな。なんかちょっと微妙に違うかも、だけど気持ちで聴いているからよしとしよう。

この怒りは、希望を叶える怒りだ。
peace and groove in this world!



20131228

さあ、みんなで集まってみよう。これからの話を始めよう。

「さあ、みんなで集まってみよう」「相談しよう」「そうしよう」
「どんなアクションがいいかな」「びっくりするようなヤツ」
「ぜったい退かないよ」「電光石火の逃げ足の早さも!」
「楽しくてあったかい気持ちになれるならなおいいね」
「これなら私も出来るね」・・・。
あっちでも、こっちでも、小さな輪、大きな輪を囲んで、これからの話が始まる。アンテナをはって自分らしく反対できる場所を探してみて。

やんばる東村高江の現状
辺野古浜通信
沖縄生物多様性市民ネット
ゆんたく高江
スワロウカフェ@京都

画像はBeehive Design Collectiveの¡Mesoamérica Resiste!から。

20131227

20131208

12月10日火曜日、夕刻。県民ひろばに希望の灯りを点しましょう。

仲井真知事に「公約を守ってね」と呼びかけるため、県民ひろばで灯りを点しましょう。

 知事への応援メッセージをハガキに書いて送り届ける人たちも、こうして火曜日の夜、小さな灯火を点す人たちも、その手の中に未来への希望を宿しています。

 身分や資格や年齢や体力や、立場や政党や思想やセクシュアリティや、そうしたことに関係なく、ではない。
そのように生きさせられてきた様々な経験に関係あるから、その様々な経験から掴み出した希望をこの手に宿しているから、だと思う。

 この集会に集まって、一緒に点す希望の灯りに加わって欲しい。

This Little light of Mineはゴスペルの名曲、アメリカの公民権運動で「分離すれども平等」という欺瞞を打ち破って教育機会の平等を求めた子供たちによって歌い届けられてきた。

「私の小さな灯火を、私が輝かせよう」。



サム・クックの、のびのびした声で、おおらかな気持ちになる。


こちらの動画はソウェト・ゴスペル・クワイア、南アフリカ発のゴスペル。M'Lilo Vutha Mathanjeniっていうのが、何となく「普天間立て!」とか「普天間ダメ!」とか、そういう具合に聞こえる空耳アワーとして。

20131126

20131016

10月20日、沖縄平和学会@琉大

「科学的な理論とは、難解な述語や数式を並べたものではない。住民の行動の方針であり、ひとりひとりに必要なもので、住民自らの手でこれから作ってゆくもので、上から与えられるものではない。宇井純『公害の政治学』より。

沖縄平和学会 2013、ふるってご参加下さい。
日時:10月20日 13時〜17時30分
場所:琉球大学文系総合研究棟302(法文学部と教育学部の間にある7階建ての研究棟です。)

会長挨拶:高良鉄美(琉球大学)

第1セッション:13時〜15時
「危機の時代の研究と運動:調査する市民の権利と研究者」
河村雅美(沖縄・生物多様性市民ネットワークディレクター/ 琉球大学非常勤講師)
宮城秋乃(日本鱗翅学会自然保護委員)
渡嘉敷健(琉球大学工学部准教授/環境工学)

 目下の沖縄では、環境アセスメントや生物多様性の観点で、科学的な調査の機会やそのデータを「公的機関」に依存せず、市民の権利として手放すことなく運動につなげることが、重要な局面を形成しており、また研究者と運動の有機的な連携を生んでいる現場になっています。そこで「危機の時代の研究と運動」と題して、調査する市民の権利と研究者の関わり方について考える機会を持ちたいと、このパネルを計画しました。
 環境アセスやジュゴン訴訟などの側面から辺野古の問題に関わり、沖縄市ドラム缶問題では、あるべき調査の形を行政に提言しつつ市民が積極的に調査に関与する機会を切り拓いている沖縄・生物多様性市民ネットの河村雅美さん、絶滅が危惧される蝶や甲虫の観察とその成果の魅力的な公表、市民参加の機会作りで、まさに虫の目から米軍基地問題に果敢に取り組む宮城秋乃さん、低周波という固有の問題群を目に見える統計データに起こし、普天間飛行場の騒音問題を認識論的に書き換えた渡嘉敷健さんにご登壇いただき、それぞれの取り組みを紹介していただきます。後半では討論として、沖縄で運動の現場に立つ研究者の苦労体験も交えつつ、その意義について語り合う機会といたしましょう。
ファシリテーター:阿部小涼(琉球大学法文学部)

第2セッション:3時半〜5時半
「沖縄戦・『具体』と『普遍』をつなぐ〜市町村史・証言集づくりの現場から」
川満彰(名護市教育委員会)
吉川由紀(元沖縄愛楽園証言編集事務局・沖縄国際大学非常勤講師)
加島由美子(糸満市教育委員会)

 戦後68年を迎えた今、沖縄戦を後世に伝えようとする様々な実践が行われています。そうしたさまざまな実践の現場では、常に沖縄戦のどのような事例を取り上げ、何を伝えるのかということが問われています。限られた時間の中で行われる平和教育の現場では、特にその課題は顕著です。具体性をともなわないと伝わりにくいという側面がある一方で、具体的な事例の紹介だけでは、必ずしもこれまでの沖縄戦研究で明らかにされてきた沖縄戦の本質に迫ることになるとは限りません。その意味では、沖縄戦を伝える現場では、常にそれぞれの事例という「具体」と沖縄戦の本質という「普遍」をどのように「つなぐ」ことができるのかということが問題になってきます。
 そこで、今回は市町村史をはじめ、特定のテーマでまとめられてきた沖縄戦記録(証言集)づくりの現場に注目します。報告者にはまず市町村史(証言集)づくりの過程で沖縄戦のどのような具体像が明らかになってきたのかを報告してもらいます。それとともに、その過程で沖縄戦の本質的な部分がどのように意識され、それがどのような形で調査や編纂に反映されていくのか、そしてそこにどのような葛藤が生じるのか?ということについて触れてもらいます。市町村史(証言集)づくりの現場において、どのように「具体」と「普遍」を「むすぶ」実践が行われているのかということを学ぶことで、「沖縄戦を伝える」という実践の今後のあり方を考えていきたいと思います。
コーディネーター 北上田源(琉球大学非常勤講師)

お問い合わせは事務局まで:
星野英一(琉球大学法文学部)098-895-8253/ hoshinoe(あっと)ll.u-ryukyu.ac.jp

---

20130910

京都、丹後は経ヶ岬からの賛同お願い!

経ヶ岬での米軍基地建設計画の中止・撤回を求める緊急共同声明」が賛同を求めています。いやなものはいや。いらないものはいらない。だめなものはだめ。

緊急共同声明への賛同人を大募集!!
 日米両政府は、京都府京丹後市経ヶ岬(きょうがみさき)に米軍基地の建設を計画しています。それに対し、京都府知事、京丹後市長は稚拙で拙速な調整を進め、この9月にも正式な受入表明をしてしまう可能性があります。そこで、有志により、計画自体の撤回・中止を求める緊急共同声明を発表いたしました。
 ついては、この緊急共同声明への賛同人を募集します!その上で、「呼びかけ人」は、賛同人氏名とメッセージを添えた共同声明文を、防衛省、京都府、京丹後市へ提出したいと思います。また、Webサイトでも賛同人の皆様の声を公開します。一次締切は、京都府議会開会前の、9月16日(火)とさせていただきます。
 賛同いただける方は、 mamorekyogamisaki(あっとま=く)hotmail.co.jp まで以下の点をお伝え下さい。
(1)氏名または団体名:
(2)ご所属など(任意):
(3)防衛省、京都府、京丹後市へのメッセージ:
(4)上記(1)(2)(3)それぞれについて公開・提出してよいかどうか: 
 どうぞよろしくお願い致します!!


おいらだって反対さ!